スポンサードリンク

« 2007年11月22日 | Top

【最新記事】

気がついている人もいるかもしれませんが、にきびは前に出来ていた場所に出来ることが多いといわれています。

なぜでしょうか?

それは、にきびが治ったとしても、弱っている部分なので、また同じ場所から出来てしまうことがあるからです。

皮膚の状態をみてみると、炎症を起こしたあとの赤いにきびでは、皮膚がかなり弱っている状態なので、刺激にも敏感になっており、雑菌が取り付きやすい状態を作っているのです。

このため前に出来ていた部分に、にきびが再発し、炎症を起こしやすいことが考えられます。

初期のにきびではこれほどではありません。

弱っている皮膚だと、表面は綺麗に治っているようにみえていても、皮膚内部ではまだまだ炎症が残っており、再燃してしまうことが考えられます。

この炎症が治りきらずに何度も繰り返されていると、毛穴の状態も悪くなり、またにきびを繰り返してしまう可能性が出てきます。

このにきびには、ストレスなどと大きく関係があり、日常の生活パターンの変化でも、再発してしまう恐れがあります。

このためには、なるべく毎日の皮膚の状況をチェックし、にきびが出来そうかな?出来始めてるなと思ったら、赤いにきびにならないよう、早めのケアを心がけましょう。

またにきびが出来てしまったとしても、初期の段階でケアできるよう、早めの処置を心がけてください。

そして早いうちに治療を始め、早く完治させるようにしましょう。

ストレスや生活パターンなども影響するので、出来るだけ再発しないような生活を心がけてください。

スポンサードリンク

にきび治療注意報!

できちゃったにきびを悔やんでも仕方ない!にきび跡を残さないように、きちんとニキビケア。キレイににきび治療しましょう。にきび跡も消せるから心配しないでね。


更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo