Top >  にきび治療 >  乾燥肌にできるにきび

スポンサードリンク

乾燥肌にできるにきび

多量の皮脂と、にきびとの関係はよく言われています。

ですが、皮脂の多い肌だけではなく、乾燥肌でもにきびはできるのはなぜでしょうか。

にきびの原因をみてみると、乾燥肌による皮脂の詰まりです。

この毛穴の目詰まりは、皮脂の量にくらべ毛穴が小さいと起こります。

にきびは、皮脂腺の多い脂分が多い場所にできると思われがちですが、このときの毛穴が大きいとにきびにはならずにすみます。

これは、毛穴からの排出が大量にされるからなのです。

このことから、にきびができやすいのは、皮脂が少ない部分だといえます。

ですが、皮脂腺の多い部分が出来やすいということは、言うまでもありません。

顔では、頬や、あごのほうが、鼻筋や額よりも出来やすいことは、誰もが経験済みでしょう。

 <  前の記事 美肌ドックとは?  |  トップページ  |  次の記事 にきびの原因の直接的なものは?  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治療注意報!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。