Top >  にきびのなぜ? >  紫外線の問題点

スポンサードリンク

紫外線の問題点

最近では、紫外線に問題があるということがわかってきたので、UVケアを行う人が増えてきています。

この紫外線には、肌にくすみや、シミを作る原因といわれていますが、いったいどんな作用があるのでしょうか。

紫外線は、太陽からくる光線のうちで、波長が一番短いものをいいます。

UVA派と、B派と呼ばれるものが紫外線にはあります。

それではどんな作用があるのでしょうか。

A派には、肌にあるコラーゲンや、エラスチンなどを劣化させていき、主に肌の真皮にダメージを与えてしまうので、しわを作ってしまうのです。

B派には、肌にある表皮を真赤にしてしまう作用があります。

このB派の影響で、日焼けがおこります。

これらの紫外線は、私たちの肌には良くないことばかりのように思われていますが、適度な日光浴をすることで、にきびの予防をすることができるのです。

日光にあたることで、ボルフィリンというアクネ桿菌をもつ物質は、自分自身の発生した活性酸素で自滅します。

真夏のように、日中の強い光線は、汗や皮脂が出てきてにきびを作る原因となりますが、暑い時期をさけたり、日差しの強い時間帯を避けるなどして、適度な日光浴はお勧めです。

 <  前の記事 にきびと太陽光線の関係  |  トップページ  |  次の記事 ステロイドでのにきび治療  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治療注意報!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。