Top >  にきびのなぜ? >  にきびと太陽光線の関係

スポンサードリンク

にきびと太陽光線の関係

太陽光線には、波長の長さで3つに分けることができます。

一番波長の長いものから順に、赤外線、可視光線、紫外線です。

このなかで、にきび退治に有効なのは可視光線です。

これは、アクネ桿菌というにきびの原因の菌に、ボルフィリンという物質を持っていることが関係しています。

ボルフィリンの量を計ってみることで、私たちがアクネ桿菌に、感染しているかしていないかを判別することが可能なのです。

可視光線をボルフィリンが浴びると、活性酸素を放出するという特徴があります。

これは、太陽の光を浴びることで、可視光線を浴び、アクネ桿菌が死んでしまうということなのです。

ですが、活性酸素には、コラーゲンなどを破壊することもあるのです。

また、白血球では、殺菌をするのに、活性酸素を使用します。

肌のトラブルを起こす元でもある反面、よい結果を生むこともあるのです。

この活性酸素のメカニズムを利用した治療器が最近出てきています。

 <  前の記事 アクネ桿菌も常在菌?  |  トップページ  |  次の記事 紫外線の問題点  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治療注意報!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。