Top >  にきびのなぜ? >  アクネ桿菌も常在菌?

スポンサードリンク

アクネ桿菌も常在菌?

私たちの体には普段からいろんな菌が住み着いています。

それらの菌を、一般的に常在菌と呼んでいます。

有名なものに、腸で働いている菌がありますが、にきびの原因であるアクネ桿菌も常在菌のひとつなのです。

なぜ体には普段から常在菌がすみついているのかはわかっていませんが、適度に住み着いている分には、まったく問題がないのです。

それでは、いったいどんな働きをしているのでしょうか。

アクネ桿菌は、私たちの肌で、pHを調整する役目をしています。

常在菌のひとつに、表皮ブドウ球菌といわれる菌があります。

これもアクネ桿菌と同じようににきびの原因だといわれています。

私たちの顔にすみついている常在菌たちは、肌にある皮脂を栄養として生活をしています。

皮脂が大好きなので、肌から過剰に皮脂が分泌されてしまうと、これらの常在菌もものすごい量で繁殖をし、増加してしまいます。

院内感染などで耳にする菌で、MRSAや、黄色ブドウ球菌というものがあります。

これらは、常在菌ではありませんが、にきびを増やす原因となります。

菌が顔に付着してしまうとにきびの原因となるので注意しましょう。

 <  前の記事 毛穴引き締め効果  |  トップページ  |  次の記事 にきびと太陽光線の関係  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 売る

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「にきび治療注意報!」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。